一級建築士事務所 意匠設計 株式会社アルファ設計

  • サイトトップ»
  • 会社情報»
  • メディア
  • 一級建築士事務所 株式会社アルファ設計
    ▼ アンコールワット
    カンボジア

    ▼ 建立者
    スーリヤヴァルマン2世

    ▼ 建築様式
    ヒンドゥー教寺院建築
    12世紀初頭、クメール王スーリヤヴァルマン2世によって建てられた州立寺院で、世界最大の宗教モニュメント。もともとクメール帝国のビシュヌ神に捧げられたヒンズー教の寺院として建設されたが、12世紀の終わりに向けて仏教寺院へと変わっていった。

    ほとんどのクメール寺院と異なり、アンコールワットは西向きに建っており、これはスーリヤヴァルマンの霊廟としての役割を果たしているとみられる。