一級建築士事務所 意匠設計 株式会社アルファ設計

  • サイトトップ»
  • 会社情報»
  • お知らせ»
  • お知らせ134
  • 一級建築士事務所 株式会社アルファ設計
    ▼ 浅草寺
    五重塔

    ▼ 建立者
    平公雅

    ▼ 建築様式
    塔院形式
    平公雅(たいらのきんまさ)が建立したと言われている東京都内では最古の寺、浅草寺。たび重なる焼失により本堂や五重塔を失ったが、そのたびに再建され現在に至る。

    徳川家光の援助により1648年に再建されたが第二次世界大戦時の東京大空襲により焼失、その後1973年に現在の場所に再建された。基礎部分となる基壇の高さは約5メートル、塔自体の高さは約48メートルである。

    現在の搭最上層には世界文化遺産に登録されている、スリランカ・アヌラダープラのイスルムニヤ寺院から招来した仏舎利が安置されている。
    浅草寺

    お知らせ 134

    ALPHA INFORMATION
    【平成25年度 第1回勉強会】

    技術支援委員会建築環境部会より

    建築環境部会は、平成25年度より、新しい態勢でスタートいたします。
    メインテーマとして、『感境建築』と銘打って、部会員一同、環境についてより一層見識を深めていこうと考え、
    継続的に勉強会を開催し、これに会員の皆さまにも参加して戴こうと企画いたしました。
    その最初に、下記のような勉強会を開催いたします。
    多くの方のご参加をお待ちいたします。

    ≪テーマ≫
    認定低炭素住宅 と 関連省エネ基準体系 について

    日 時:平成25年4月23日(火) 14:00 ~ 17:00
    (開場・受付開始 13:30)
    場 所:横浜市中区太田町2-22 神奈川建設会館 311号室
    (神奈川県建築士会が入居している建物内)
    募集人数:30人まで (定員になり次第締切ります。)
    参加費:無料
    講 師:日本住環境株式会社 担当者

    ≪申込方法≫
    1.氏名 2.会員番号を明記して、下記のメール宛にお申し込みください。
    e-mail メールを送る

    ≪勉強内容≫
    1 認定低炭素住宅に係る判断基準のポイント及び、改正省エネルギー基準(木造住宅)について
    関連省エネ基準の歴史と今後について
    基準となるQ値 等の用語の解説
    パッシブハウスなどについて
    2 東京、神奈川でQ値1.3の住宅とはどのような家になるのか?
    3 その他
    換気部材等について

    ◎詳細・応募要項はこちらをご覧ください。
    http://www.kanagawa-kentikusikai.com/osirase/annai/20130423kankyo.pdf

    【事業者の個人情報の取り扱いについての新たな制度案に関するアンケートへのご協力について】

    神奈川県情報公開・個人情報保護審議会(事務局:情報公開課)より
    個人情報の適切な取扱いで顧客の信頼感アップを
    ―新たな事業者登録制度検討中―
    現在、神奈川県情報公開・個人情報保護審議会では、事業者の個人情報の適正な取扱いが
    顧客の信頼感向上に繋がる仕組みづくりを検討しています。
    そしてこの3月に、検討経過の中間報告書の中で、「安心担保型事業者登録制度(案)」という
    新しい制度の形が提言されました。
    この制度は事業者における個人情報の取扱いについて県民に安心感を提供することを目的としていますが、
    同時に、事業者の皆様にも顧客からの信頼というメリットを提供することも目的としています。
    そこで、この「安心担保型事業者登録制度(案)」が、事業者の皆様にとってメリットのある制度となるための
    アンケートにご協力をいただきますようお願いいたします。
    ■御協力いただける場合は5月2日(木)までにご回答ください
    ■詳細、回答はこちらからお願いいたします。
    1 制度説明
    http://www.kanagawa-kentikusikai.com/osirase/annai/20130412enq/setsumei_a.pdf
    2 アンケート質問用紙
    http://www.kanagawa-kentikusikai.com/osirase/annai/20130412enq/q.pdf
    3 アンケート回答用紙(wordファイル)
    http://www.kanagawa-kentikusikai.com/osirase/annai/20130412enq/a.doc
    ≪問合せ先≫
    神奈川県 情報公開課 個人情報保護グループ
    電話 045-210-3720(直通)

    【「ブロックガレージデザインコンペ2013」エントリー締切延長のお知らせ】

    関東甲信越建築士会ブロック会より
    展下記コンペの登録機関が作品提出期限の
    4月19日まで延長されましたのでご案内いたします。
    この度、関東甲信越建築士会ブロック会青年協議会が協力し、全国の建築士会会員を対象とした
    標記デザインコンペを開催いただくことになりましたので、ご案内いたします。
    ◆エントリー締め切り
    2013年4月19日(勤)
    ◆作品提出期限
    2013年4月19日(金)必着
    ◆応募資格
    建築士会会員、もしくは締め切りまでに建築士会会員となる者
    ◆お問い合わせ先
    一般社団法人 全国建築コンクリートブロック工業会
    電話.03-3851-1076  FAX.03-3851-0173
    ◎詳細・応募要項はこちらをご覧ください。
    http://www.block-compe.jp/

    【【建築技術等の情報】連合会HPからの情報発信のお知らせ】

    (公社)日本建築士会連合会

    本会建築技術等部会では、部会活動の一つとしまして建築技術等に関する情報発信に取り組むこととしています。
    この度、本会情報部会により情報発信のためのボタンがHPに設置されたことにより早速情報の提供をいたします。
    連合会HPトップページ右サイドの「新着情報データベース」から入ると以下のページに進みます。
    http://www.kenchikushikai.or.jp/news-data/rengokai.html
    建築技術等情報 設計/施工/その他」をクリックしますと各委員からの情報が読めます。
    今後、定期的にホットな情報発信に努めてまいりますので、宜しくお願い申し上げます。

    【HOPPA(建築実務国際ハンドブック)完成記念「国際建築実務討論会」のご案内】

    主催:(公社)日本建築士会連合会
    後援:(一社)日本建築学会(予定)
    ○日時
    2013年4月26日(金) 18:00~20:00
    ○対象者
    海外建築業務に携わる方、海外業務に興味のある方、日本で建築の仕事をしている外国の方、
    建築の勉強をしている留学生(国籍は問わない)

    ○会場
    建築会館 308会議室(東京都港区芝5-26-20 建築会館3階)
    ( 地図 ) http://www.kenchikushikai.or.jp/about-our-society/map.html
    ○参加費
    無料(HP申込先着順)
    (会場が小さいので定員になり次第締め切ります。)
    ○CPD単位
    2単位(申請中)
    ○プログラム
    ①基調講演
    「建築士の国際業務の展望」: 渡邉定夫(東京大学名誉教授)
    ②パネルディスカッション
    「海外での国際業務」: (公社)日本建築士会連合会 国際委員会委員ほか
    HOPPAの紹介と編成の主旨/海外プロジェクトにおける建築士の業務と業務フロー/海外での設計事/
    所開設の実務/APECアーキテクト・エンジニアの現状/
    中国はこれからも魅力的なマーケットか?
    ③参加者との討議
    ・設計事務所の国際化: 外国人(留学生等)設計者に期待するもの/来日している外国人設計者が国際化に期待するもの/
    外国人から見た日本の設計事務所の魅力と問題点
    ・HOPPAの次に期待するもの:HOPPAの全日本語化/他国デザイナーアーキテクトの契約など
    ・その他自由討議及び質疑
    ≪HOPPAについて≫
    「日本建築士会連合会国際員会は韓国 (KIRA)及び中国 (NABAR)との共同作業により
    「日中韓建築士業務ハンドブック Hand book of Professional Practice for Architects (HOPPA) 」を編纂しました。
    建築士免許制度、建築士の業務と業務フロー、建築設計業務標準契約書、建設工事の標準仕様書について、
    日本、韓国、中国の制度や仕様を原文と英文とでまとめています。
    ≪お問い合わせ≫
    (公社)日本建築士会連合会
    Tel:03-3456-2061 担当:早川/渡辺
    ※詳細・お申し込みはこちらをご覧ください。
    http://www.kenchikushikai.or.jp/torikumi/news/2013-03-22.html