25th ANIVERSARY
▼ ハギア・ソフィア
トルコ・イスタンブール

▼ 設計者
アンテミオス / イシドロス

▼建築様式
オスマン建築
元来キリスト教の大聖堂であったハギア・ソフィアの最初の聖堂は360年頃にコンスタンティウス2世によって建てられたと言われている。

ハギア・ソフィアと命名された教会堂建築は、ギリシアやトルコなど、かつてのビザンティン帝国、ビザンツ帝国領の各地に数多く残されているが、単にハギア・ソフィアと言った場合、イスタンブルのハギア・ソフィアを指す事が多い。

建築当初は木造屋根の教会堂だったと言われているが、現在は面影を残していない。幾度の焼失を経てユスティニアヌス帝の命により再建される事となり、トラレスのアンテミオスとミレトスのイシドロスに設計が委ねられた。完成後はコンスタンティノポリス総主教庁の所在地として正教会第一の格式を誇り、また東ローマ帝国の諸皇帝の霊廟として用いられた。
ハギア・ソフィア

送信完了

SEND SUCCEEDED
送信ありがとうございます。後ほど弊社各担当者よりご連絡を差し上げます。営業日、エントリー状況によりご連絡までにお時間を頂戴する場合がございますので予めご了承ください。

また、内容によってはご連絡を致しかねる場合もございます。併せてご了承ください。
トップページに戻る